アイドル映画祭

アイドル映画祭2019グランプリ👑

隣人のゆくえ

2016年 77分

監督 柴口勲

賞金10万円とトロフィー贈賞!

竹内 義晶さん 正司 怜美さん(写真)

受賞の喜びの声(隣人のゆくえTwitter)


優秀監督賞 

柴口勲 

隣人のゆくえ』    2016年 77分 

(柴口勲監督 代理受賞 竹内 義晶さん)

吉田貴司

うんじゃみの島』   2018年 38分

谷口慈彦

蝉の鳴くクリスマス』 2019年 85分

トロフィー贈賞!



最優秀出演者賞

永瀬かこ 

手のひらに込めて』 2019年 72分
監督 中村みのり

トロフィー贈賞!

会場では受賞感謝メッセージが上映されました。

優秀出演者賞

三木はるか 

もうアイドルなんかならない』 2012年 30分

みひろ   

失恋科』           2018年 25分

古妻朋瑛  

蝉の鳴くクリスマス』     2019年 85分

(谷口慈彦監督 代理受賞 イレギュラーで作品上映後のコメントメッセージで受賞を発表)

トロフィー贈賞!

期待監督賞

吉矢 響平 

ヒメゴト♡ゔぁ~じん』2016年 31分

トロフィー贈賞!

期待出演者賞

英海

僕と彼女のシナリオデイズ』2019年 33分

(稲葉監督 代理受賞)

上原あか星

椿とあんず』       2018年 25分

(小野光洋監督 代理受賞)

トロフィー贈賞!



観客感謝賞金2名

全作品観て投票してくださった方、、なんと12名もおられました!

休憩時間が少ないので大変だったと思います!

ありがとうございました!

(5000円の感謝金です)


第1回アイドル映画祭は無事に終了致しました。
参加してくださった皆様、観客の皆様
誠にありがとうございました!

アイドルも様々な形に変化してきました。

テレビなどで活躍する普通のアイドルの他に

地下アイドルと言う名の新しいタイプのアイドルが

身近な存在として誕生!

全国各地に多くのアイドル達が生まれました。

それに伴い映画製作の現場でもアイドルをテーマにした作品やアイドルの出演する作品が多く作られています。

平成が終わり令和がスタートした今どれだけの数のアイドル映画が誕生しているのか?

それらの作品は世間にどのぐらい影響を与えているのだろうか?

そんな疑問から始まり

今回の『アイドル映画祭』を開催する事に致しました!

映画祭で上映される予選通過作品決定!
コンペ参加15作品と招待作品1作品で合計16作品が上映決定です!

上映作品の紹介はこちらで見れます。

映画祭の提供は映画『ロリさつ』です!

11月15日までにロリさつDVD&写真集セットを買うとアイドル映画祭1日通し券がついてきます!

詳細はこちらのブログをご確認ください!

アイドル映画祭終了後 23時30分〜翌朝4時30分

そのままLOFT9 Shibuyaで

飲み会的な持ち込み上映会をやります。

詳細はイベントページをご確認ください!